4月の恒例、施設見学会-その1

46日は、農学部の新入生を対象にした施設見学会の日でしたが、あいにくの雨で中止になりました。。。

この日に向けて、大勢の方々が準備していたので、とても残念でしたが、天気ばっかりは仕方ないですね、、、。

という訳で、今日は、天気がよかったので、施設見学会をしてみたいと思います。



 まずは、ここからスタートしたいと思います。
演習林の本館です。私たちのオフィスがここにあります。
クラブハウスみたいですね。


進化花木区です。
ここでは、さまざまな樹木が、進化の系統の古いものから新しいものへと、順番に並べられています。

ソテツやイチョウが見えます。これらは進化学的にとても古い種で、イチョウは、自生地でる中国南部ではすでに絶滅してしまったようです。

ちなみに、この進化花木区では、遺伝子解析を利用した新しい分類基準にしたがって、樹木を配置しているそうです。




では次に、並木道を、ずんずん進んでいきます。
ちなみに、この木は、ナンキンハゼです。
名前からはイメージしにくいかもしれませんが、秋になると紅葉が実に綺麗なんですよ。


道端には、春の草花が満開です。
初めて福岡に来たとき、タンポポの花が白いのには驚きました。



クスノキ広場に到着しました。
どうですか? 立派な大木ではないですか?

昭和初期に植栽されたらしいので、約80歳くらいでしょうか。
その昔、クスノキは、樟脳などの工業製品として利用されていたため、さかんに植えられていたそうです。
え?樟脳なんて、聞いたことない、ですか?
私も使ったことはないですが、防虫剤等として使用されていたそうです。
葉をちぎると、胸のすくような、とてもいい匂いがします。




ちなみに、地面を見てみると、クスノキの葉がいっぱい落ちています。
まさに今、落葉の真っ最中です。
常緑樹でも、毎年、ほぼ決まった時期に、落葉するんですよ。
えっ?そんなこと知ってる? 
それは、失礼いたしました。

お次は、この施設見学のクライマックスへと

(後半へ続く)

2018/04/23 T.K.

花見

福岡ではソメイヨシノが見頃ですが,演習林には色々な種類,品種のサクラが植えられています。

満開の花,散りかけている花など色々です。

花見の時期を逃さないようにしているのは人だけではないようです。
「花より団子」と選ぶ必要はなく,「花は団子」と両取りです。
2018/3/31 te

造林学実習

今週は造林学実習が行われました。
この造林学実習とは ,人工林を造り育てていく過程を一通り学ぶための実習です。慣れない作業ばかりでしたが,5名の学生さん達は積極的に楽しそうに作業を行っていました。
今回の経験が多少なりとも将来に繋がればと願います。

2018/2/26 ヒノキ播種 苗畑
2018/2/26 種子への覆土 苗畑
2018/2/26 1年生ヒノキ床替 作業場
2018/2/26 床替苗の植付 苗畑
2018/2/27 ヒノキ植付作業 第6林班
2018/2/28 枝打作業 第16林班
2018/2/28 スギ挿木作業 苗畑
2018/2/28 ヒノキ接木作業 作業場
2018/3/1 間伐調査 第16林班
2018/3/1 手ノコでの間伐作業 第16林班
 2018/3/1 sa

里山のキツネ

昨年末、林内での作業を終えて車に戻り荷物を整理していると、カサカサと落ち葉を踏む音が近づいてきました。
音のする方を見るとキツネが一匹、こちらに向かって歩いてきており、車に気づいて立ち止まり思案した様子で座り込みます。






しばらく座ったあと、後ろ脚で顔をかいて去っていきました。


北海道では町中でもキタキツネを見かけましたが、ここ篠栗では初めてです。

2018/02/02 nanki

山の神

 「山の神」といっても、駅伝の速い走者のことではありません。

 福岡演習林では、毎年12月に「山の神」の神事を行います。
 今年も、教職員など演習林の関係者が集まり、山の安全を祈願しました。
神前にて拝礼

後片付け

 2017/12/8 to